ブログ運営

プロフィールとこのブログについて

プロフィール

ワトソン
ワトソン
初めまして!当ブログ、ワトソン未来図書館館長のワトソンと申します!!
ホームズ
ホームズ
看板フクロウやってます、ホームズです

当ブログまで足を運んでくださり、ありがとうございます!

ここではまず、私についての簡単な自己紹介をさせていただき、次に当ブログのコンセプト、最後に注意点を示していきたいと考えています。

ワトソンとはいったい何者なのか

名前 ワトソン
年齢 22歳
趣味 読書、映画鑑賞、美術鑑賞、音楽鑑賞、スイーツ巡り等々
特技 物事をひたすら考えること
苦手なもの 大人数の飲み会、満員電車
属性 大学4年生(4月から辺境の公務員)
セクシュアリティ ゲイ

簡単に自己紹介させていただくとこんな感じの人間になります。

上記のフクロウとのやり取りでピンと来た方もいらっしゃると思いますが、私の名前「ワトソン」の由来は『シャーロック・ホームズ』というミステリー小説シリーズに登場する、主人公ホームズの相棒「ジョン・H・ワトソン」から来ています。

この作品、思い入れがある大好きな作品でして、絶対に記事にしたいと考えています。

 

また、私は世間一般でいうところのセクマイ(セクシュアルマイノリティ)です。

具体的にはゲイ。もう少し嚙み砕くのであれば、体・心の性は男性ですが、好きになる性も男性です。

このことを自覚したのは中学1年生。それから長い時が流れ、大学3年生の冬にようやく自分を受け入れることができ、こちらの活動を始めるに至りました。この辺のセクマイ関連のことも、おいおい詳しく記事にしたいと考えています。

 

そして2020年4月からは、かねてからの夢でもあった公務員になります。働き始めてからは公務員関連のことも、新規職員目線でリアルな実状とともに、語っていきたいと考えています。

当ブログについて

ワトソン未来図書館のコンセプト

コンセプトはズバリ

本から未来を考えるブログ

考えるという行為は、今日まで人間が生存し、この地球上で種として繁栄を遂げてきた要因であると私は考えています。

そのなかでも、とりわけ未来のことについて考える際、過去を振り返ることは非常に重要な工程であると言えます。

なぜなら、未来を考える際に指標となる経験や知識は、常に過去に眠っているからです。

過去と現在とを照らし合わせることで、現在・未来にも応用できる過去の事象や理論、逆に時代錯誤な部分や教訓などが見えてくると思います。

過去にこそ、より良い未来を切り開いていくヒントが隠されていると確信しています。

ワトソン未来図書館の由来

そこで私が注目したのが本です。これは、当ブログ名「ワトソン未来図書館」の由来にもつながる話になります。

そもそも「」とは、過去と現在とを繋いでくれるツールであり、著者が経験の連なりの果てにたどり着いた知識の源であると私は定義しています。

本を通じてであれば、21世紀を生きる私たちが、2000年前の偉人と対話をすることも可能です。

その時代その時代の叡智に触れることができる点で、本というものは未来を考えていく上では決して欠かせないツールであると考えています。

そんな本たちが集められた空間、図書館は、私にとってまさに万人に開かれた知識の集積地であり、過去の象徴です。

しかし私は、その一歩先を行きたい。

図書館という場を、未来に向けた新しい知恵を生み出すクリエイティブな場として位置づけたいのです。図書館こそ、未来を考えるのに最も適した場であると、私は考えています。

これから私は、自分の考えや思いとともに、自分が読んできた本たちをこのブログ、あえて言うなれば図書館に収蔵していきたいと考えています。

大それたことを言っているのは自覚しています。

「毎日を生きていくだけで精一杯」「不確定な未来を考えるだけ無駄」「夢も希望もない未来を考えるのは不安になるし怖い」「単に疲れる、面倒くさい」

どれも切実で、共感できる思いです。

ただもしこのブログが、1分でもたとえ1秒であったとしても、読者がそれぞれ持つ未来と向き合い、考えるきっかけになれたのであれば、冥利に尽きます。

そんな思いもあり、私は当ブログ名を「ワトソン未来図書館」としました。

このブログは、「何か」を代表するものではない!

最後に、このブログの注意点を書かせていただきたいと思います。

このブログは、私の所属する属性、もっと言えばシャーロキアン、セクマイ、学生、公務員、果ては人類を代表するものではありません!

このブログに記載されていることは、あくまで私個人の見解であり、世界観です。ここまで私の主義主張を語ってきましたが、これらが絶対的に正しいとは毛頭考えていません。

「世の中には、こういう変わり者もいるんだなあ」程度の認識が適当かと思います。

私の主義主張=世界の考えではありませんので、ご注意ください!

以上、プロフィールとこのブログについてでした!

それではごきげんよう。